2020年10月31日ハロウィンレッスン

本日は朝からハロウィンレッスン御参加頂き大変ありがとうございました!

皆さんの元気な姿を拝見できて、長丁場でしたが本当に楽しかったです!

子供達もハロウィンイベントがコロナの影響で減少された本年は特に、子ども英会話教室にてのTrick or Treatで良い思い出になればと存じます。

ハロウィンですがお勉強からです!

サイトワードを使った小さな冊子をお渡ししましたよ。

見慣れているから読めるのですよ!

最初の数枚は名詞が韻を踏んでますからご覧になってくださいね。

そしてハロウィンらしいアートワークをしましたよ。

単語を発声練習しました。

最後はおやつタイム。ハロウィンのドーナツをご馳走しましたよ。

そして沢山のアメリカのキャンディ(ミルキーウェイはオーストラリアのよ☺️と30年以上前現地で教わっていた記憶でしたが今グーグルしましたら出ません・・・本日お渡しした中にミルキーウェイのダークチョコバージョンがあるかもしれませんよ)と少しの日本のスナック菓子ですがトリックオアトリートという掛け声でお渡しできましたよ。

Twizzlerという赤いのは苦手な方多いですし私もだめですが、リコリスという健康に良い成分が入っているお菓子です。面白いですよね☺️

話がずれましたが、クラスの皆さんへお菓子を配って下さったお子さん達もいました。

私は海外生活の故か、”give”、与えられるのであれば与える精神が早々に培われました。

高校ではボランティアで老人ホームに行ってお話をしてました。(オーストラリアにて)

ボランティア活動は普通のことであり学校で喚起されます。

私の娘達は小さな頃からボランティア、人の役に立つこと、募金など含め、ありました。

上の娘が中学生の頃は町田の近所の老人ホームで一緒に傾聴ボランティアをしておりました。

人のお役に立つのは生きがいです。

今ではご縁のある子供達に、通じる英語、英会話を教えること、日本のみならず他国の文化に触れて文化と言語を好きになってもらうこと、実現できて幸せです。

ハロウィンは日本では仮装やお飾りなど、うわべ的な感もありますが、欧米では与えられる人は与える日、とも言えます。

持ち家があり、家を派手に飾る余裕があるものが、そうではない家庭の子供達に与えるチャンスの日でもあるのです。

子供達の為にたくさんのキャンディやお菓子などを用意しておく日です。

昔を思い出し、本日は小さい規模ですが出来た事、親御様全員に心より感謝しております。

来週はお休み頂きます♬

Happy Halloween! See you again in 2 weeks!






1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年6月19日レッスン

本日も足元が悪い中レッスン参加お疲れ様でした! 緊急事態宣言の関係でご無沙汰していた生徒さんも 久しぶりでしたがMonths暦の綴りを覚えていてくれました。 自粛期間は各ご家庭での復習をお願いしておりました。 家族一団となって取り組む姿勢は教育に最善、必須だと思っております。 前回の復習をし今回のサイトワーズはTheir 文章自体はシンプルでレッスンでは応用して教えております。 バラエティがあるこ